『アンキャニイ X-MEN』11月に復活!コミコン、X-MENパネル・レポート

サンディエゴで行われているコミコンのX-MENパネルで、伝統的なタイトルである『アンキャニイ X-MEN』が11月に復活することが正式に発表された。ただし詳しい内容やクリエイティブ・チームについてはまだ明らかになっていない。続報を待とう。

また「X-MEN ブラック」はシリーズではなく、マグニートーらX-MENヴィランが主役となる一話完結のワンショットの総称だということも判明。(これについては別項で)

その他のX-MEN関連のニュースは以下の通り。

Source:Newsarama

ウルヴァリン復活を描く『リターン・オブ・ウルヴァリン』は9月発売。

新たなヴィランの名前は「ペルセフォネ(Persephone)」(ギリシア神話の女神の名前だが関連は不明)。

復活したウルヴァリンの爪は発熱するが、これはビデオゲーム「マーベル VS. カプコン」から発想を得たとか。なお、この能力はウルヴァリン自身にも制御不能。彼の復活にはより深い謎がある。

なお観客に復活してほしいキャラを聞いたところ、サイクロップスとウルヴァリンの名前が挙がったが、マーベル編集長のC.B.セブルスキ―氏は今はウルヴァリンの事だけ話そうとはぐらかした。

ローラ・キニーがウルヴァリンからX-23に名前を戻した理由は、ストーリーの中で触れられる。

クエンティン・クワイアにも何か動きがあるらしい。

●マーベルはある時点までコロッサスキティを結婚させる予定だったが、ストーリーが発展して現在の形に。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)