X-MENのMCU登場は5年後!? ケヴィン・ファイギ「まだしばらく時間がかかる」

マーベル・スタジオケヴィン・ファイギが、X-MENの今後について語った。

ディズニーによる21世紀フォックスの買収により、ファンタスティック・フォーX-MENの権利がマーベル・スタジオに移り、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にも登場させられるようになった。しかし、ファイギは急いで登場させる気はないようだ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

向こう5年の計画あり!X-MENの登場はその先?

ケヴィン・ファイギはio9のインタビューで、X-MENのMCUへの登場についてこう語った。

まだ、しばらく時間がかかる。我々が手掛けてきた5年計画がやっと始まろうとしてるところだからね。決まるまでも、ずっと動いてたんだよ。我々にとっては、今のところ(X-MENが)いつどこで登場するかは具体的なことではなく、単に嬉しい要素であり、彼らが戻ってきたことを喜んでいるところだ。彼らは全員戻ってくる。しかし、長い時間がかかるだろう」

ファイギが言っている5年計画とは、今年の夏公開の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から始まるフェイズ4のことだ。すでに『ブラック・ウィドウ』『エターナルズ』『シャン・チー』といった新作や、『ドクター・ストレンジ』『ブラックパンサー』の続編も予定されている。確かに、FFやX-MENが急に入り込む余地はないのかもしれない。

エターナルズやシャン・チーはX-MENに比べればマイナーなキャラクターかもしれないが、ファイギは「すでにファンに愛されているキャラクターを、新しいユニークなやり方で物語ること」と、「コアなコミックファンでもほとんど知らないような、新しいキャラクターを紹介すること」のどちらも重要だと語っている。後者の好例がガーディアンズ・オブ・ギャラクシーであり、キャラクターの知名度に頼らないのもMCUの良いところだ。

実際に5年後まで待たなければならないかはわからないが、まずはきちんと準備をしてプランを練るのがファイギのやり方だ。それがMCUの成功の秘訣でもあるわけで、ここはファイギを信じて、長い目で待ったほうが良さそうだ。X-MENやFFの登場はすでに確定事項なのだから。

X-MENシリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、2019年6月21日(金)全国公開。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする