ルッソ兄弟「アベンジャーズ4は僕らの最高傑作になる!」 最新作への自信を語る

Deadlineは、サンディエゴのコミコンに登場したルッソ兄弟の弟ジョー・ルッソに対し、インタビューを行った。ルッソは次の『アベンジャーズ4』が、「自分たちのマーベルでの最高の仕事になるだろう」と最新作への自信を語った。

Source:Deadline

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ルッソ「アベンジャーズ4は、僕らの最高の仕事になる」

内容的にも興行的にも大成功した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。その成功を受けての、次回作『アベンジャーズ4(仮)』についてルッソはこう語った。

「非常に誇りに思っているよ。究極的には、アベンジャーズ4が僕らのマーベルでの最高の仕事になると考えている。僕らは今まで作ってきた全ての映画と共に成長した。キャストの皆と共に成長したんだ。フィルムメーカーとして、とても幸せだし、今度の映画にとても興奮している」

これまでマーベルで手掛けた仕事が全て高い評価を受けているルッソが、自ら「最高傑作」と言ってやまない『アベンジャーズ4』。一体どんな凄い作品になっているのか、期待せずにはいられない。

また、『デッドリー・クラス』『クァンタム&ウッディ』のテレビシリーズと、次々にコミック作品の映像化を手掛けるルッソは、その秘訣について語った。

「僕らの仕事は、原作をそのまま焼き直すことじゃないと考えている。コミックのページのコマの中で機能していることを、正確にテレビに移すことは不可能だ。それは僕らのマーベルでの仕事でも常にわかるだろう」

「僕はコミックのコレクターだし、何年も何年もコミックを読んで育ってきた。自分の読んだコミックをそのまま焼き直したものなんか見たくないね、結末がわかってるんだもの。でも、僕の愛するキャラクターを、僕の愛する世界で、僕の愛するトーンで、素晴らしい俳優たちと素晴らしい出来栄えで、新しい物語を語ってくれるなら―――それなら興奮する」

「もし君が、映画やテレビシリーズで原作となったコミックをそのまま焼き直すことを期待しているなら、コミック原作ものは見ないほうがいい。常に失望することになるから。僕らはキャラクターに、その世界に命を吹きこみ、その空間で説得力のある物語を語るんだ」

『アベンジャーズ4』以外にも次々と話題作を手掛けるルッソ兄弟。その精力的な活動はまだまだ続きそうだ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする