『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に、サノスの過去を描いた30分のカット部分が存在!? エクステンデット版の可能性も?【情報を更新しました】

※情報を更新しました(7/4)

サノスの生みの親であるジム・スターリンによれば、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にはサノスの過去を描いた30分のカット部分が存在するらしい。
果たして、ファンはいつその映像を見られるのだろうか?エクステンデット版が作られる可能性は?

Source:Screenrant

※以下の記事には、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容が含まれます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

未公開映像で、サノスの過去が明かされる!?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、ジョシュ・ブローリンの名演も伴い、マーベルのベスト・ヴィランの呼び声も高い人気キャラクターになったサノス。しかし映画本編ではその過去については、本人の口からわずかに触れられるに留まった。

しかし、アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、実際にはよりその背景を掘り下げていたらしい。

サノスの生みの親であるコミック・クリエイター、ジム・スターリンが明かしたところによれば、映画にはサノスの過去を描いた30分のカット部分が存在するという。(おそらくは台詞のみで語られた、故郷タイタン星の人口増加を食い止めようとしたが狂人と異端視されたという過去を、より詳細に描いたものか?)

この情報が正しければ、まもなく発売になるであろうブルーレイ・DVDに特典映像として収録される可能性は十分にあるだろう。

マーベル・スタジオはこれまで、カットされたシーンを加えて再編集するいわゆる「エクステンデット版」をリリースしたことはないが、MCU10周年に『インフィニティ・ウォー』の大ヒットを記念して制作される可能性も0ではないかもしれない。あるいは、記念上映という形で大スクリーンで見られる日も来るかもしれない。

現在のところマーベル側からの公式発表は何もないので、割り引いて聞いてほしいが、続報を楽しみに待とう。

【7/4 情報更新】

Source:Twitter

その後、先行して発売されるドイツ版ブルーレイの情報が明らかになりました。

それによれば、ブルーレイに収録される未公開シーンは3つで、全部で6分程度の短いものだそうです。

Deleted Scenes
Happy Has a Perspective (1:24)
Hunt for the Mind Stone (1:25)
The Guardians Find Their Groove (3:20)

また、サノスの過去に関するシーンが削られたのは脚本段階であり、撮影までには至らなかったとする情報もあります。30分の映像があるというのは、どうやらジム・スターリンの勘違いのようです(管理人は、ルッソ兄弟は無駄撮りはしない人たちなので30分は盛ってるんじゃないかなとは思ったものの、それでも10分程度の映像はあるんじゃないかと期待してしまったのですが……)。

どうやら、「サノス・カット版」の実現は夢に終わりそうです。失礼いたしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする